スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OTIとの戦争について

27日午前0時に袁公がOTIに宣戦布告。
てんてんも袁公の共闘として参戦。

OTIとの戦いはこれまで戦ってきた同盟とは比べ物にならない熾烈な戦いになるだろうと、泥沼も覚悟の上臨んだものの、結果は降伏という形で終わりました。

ルパン氏は開戦の2時間前ぐらいにてんてんが本拠24マスにいるのを見て、これは無理だなと悟ったとか。
それにより開戦数分で降伏という結論に達したのだと思われます。
とはいえ、正直なところ降伏というのは自分にとっては意外な感じでした。

この結果に対し、2chでは袁公とてんてんタッグでOTIに挑むのは卑怯という感じの論調がいくつか見受けられました。
その中で袁公はてんてんの力を借りないと勝てないのかという論調がありましたが、これは残念ながらそのとおりだと言えるかもしれません。

袁公単独で挑んでも勝てたかもしれない。
でも確実に勝てるとは言い切れない。

まず戦争に確実に勝つための必要十分条件というのがあります。
それは極めて単純です。
敵との戦力差が3倍以上になったら間違い無く勝てます。(人数、内政力、砦制圧数、アクティブ率、課金力etcを含めて)

開戦時の袁公とOTIの戦力を比較すれば袁公のほうが上だけど圧倒的とはいえない。
なにしろOTIは序盤のZEROとのデッキ戦で1週間程度遅れたにも関わらず、そのあと砦制圧数をものすごい勢いで盛り返してきたので恐るべき同盟だなと感じていました。

拠点数も追いつかれてきてるし、内政力も差がなくなってきているのを考慮すると袁公単独で確実に勝てるというのは客観的に考えると必ずしも言えないと思います。
袁公対OTIのサシでの対決は外野からは楽しいでしょうが、少なくとも袁公側にとってはメリットないですからね。
ブラウザ三国志における戦争の勝敗はその後のプレイ環境に大きく左右します。
勝てば天国、負ければ地獄といっても差し支えないほど勝者と敗者で差が生じます。
勝てば砦ウマーできるので美味しいですが、負ければ砦持っていかれるのでモチベにかなり影響します。

それを考えれば袁公がてんてんの力を借りて攻めるというのは勝つための最善の手段です。
てんてんと共闘なのだからそれを用いるのは当然で恥でもなんでもありません。
変な意地を張って、結果負けたということになればその方が大恥ですから。

つまりはそれだけOTIは強い同盟だということです。
今回の結果で袁公やてんてんはOTIより強いと言えるでしょうか。
てんてんは廃課金集団の様に思われていますが、実際のところそんなに変態が多数いるというわけではありません。
変態比率でいったらOTIの方が格段に上です。
今回勝てたのはアドバンテージを得ていただけで、実際序盤のZEROとのデッキ戦がなかったらどうなっていたか分からなかったでしょう。

戦争するには勝つ戦争をしないといけません。
戦争を仕掛ける側にとってみれば負けるというのが一番許されないので。
単に戦争だけしたいという同盟なら話は別ですが、てんてんはそういう集団ではありません。
袁公も砦を大量に保有したいという考えがあり、戦争はそのための手段に過ぎず、純粋に戦争を楽しむ同盟ではないでしょう。

そういう勝ち負けにこだわらず戦争そのものを楽しむという同盟がいるとすれば17~20鯖のプーアンといったところでしょうか。
3期で負けたにも関わらず、衰えるどころか鯖最強と謳われるまでの存在になるのですから凄いとしか言いようが無いです。

ずいぶん長くなったのでこの辺で切り上げますが、もう一度いうとOTIとの戦争で袁公・てんてんのタッグで挑んだのは確実に勝つためです。
相手が大したことない同盟ならタッグで挑む必要はありませんが。


さて、あと2chで気になった書き込みとしては袁公と組んでいるてんてんは株を下げている的な書き込みがありました。
反論というわけではないですが私の考えを述べたいと思います。

考えを述べるに当たり、OTIに移籍した元剛田組が反袁公となる要因のひとつにもなった、天賦を例に挙げましょう。
前期袁公は砦・城奪取という名目で天賦に戦争を仕掛け、それにより袁公にいた(のちOTIに移籍した)元剛田組の反感を大きく買う結果となり反袁公になったと言われています。
そして、同時に袁公は弱小同盟から砦・城を強奪したという悪評がたち、他同盟からのイメージを大きく下げる結果となってしまいました。

これは仕方のない事でしょう。
NPC砦をそれなりに保有してる同盟にとってみれば次に狙われるのは自分のところかもしれないと思うようになり、そういった同盟からは評判が悪くなるのは自然の流れです。

余談ですがてんてんは、砦強奪の為に戦争を仕掛けたことは一度もありません。
てんてんが戦争を仕掛ける場合は砦以外の要因によるものです。

話を戻します。
袁公が天賦を配下にしたことで元剛田組はその行為を激しく非難しました。
ただ、一方的に袁公を悪と決めてかかるのもどうかと思います。
袁公は砦・城が欲しいということで天賦に戦争を仕掛けたわけで、戦争理由としては合理的です。

確かに天賦とは以前♥連合として一緒に戦ったことがあるので、それを考えると気の毒には感じました。
ですが同情はしませんでした。

まずブラウザ三国志というのは戦争ゲームです。
そして戦争が発生しやすい条件として砦・城を多く所有したいという同盟が城包囲or城もちの同盟、多数の砦持ちの同盟に仕掛けるというのが一般的に挙げられます。
天賦は1~4期成都を攻略している実績をもつ、城攻略のエキスパートです。

4期連続の成都保有というのは、素晴らしい快挙です。
ただし、この快挙の裏には他同盟に城を奪われなかった(戦争を仕掛けられなかった)というのがあります。
特に3期・4期に関しては剛田の影響が大きかったからと言えるでしょう。

天賦と剛田は非常によい関係でした。
剛田の初代盟主であったジャイアン氏と天賦の盟主であったあちゃん氏が非常に仲がよく、3期の♥連合対百花繚乱でもジャイアン氏が天賦に交渉して♥連合として戦ったという経緯があります。

このことから天賦と剛田は非常に深いつながりがあり、天賦としてみれば剛田という絶対的同盟が後ろ盾にいたので他同盟からは攻められにくい環境にあったわけです。

しかし、空白氏が4期で引退したことになり剛田は事実上の解散という形で終焉を迎えました。
このことにより天賦はこれまでの通りにはいかなくなってしまいました。
天賦は剛田という後ろ盾がいなくなった段階で、攻められた時の防衛策を考えないといけませんでした。

ところが、それをせずこれまでと同じように安心しきって、城を包囲していたのですから危機意識が欠如していたと言わざるを得ません。
城は戦争が起きやすい要因のひとつであるから、城を取るつもりならちゃんと身の回りを固めないといけないということです。

対天賦戦で袁公は悪者というイメージに仕立て上げられましたが、かといって攻められた天賦に全くの落ち度がないとは言えないと思います。
日常的に例えるなら、家の鍵を閉めていなくて空き巣に入られて金を盗られるのと似たようなものです。

さてこれだけ書けば何故てんてんが袁公という強大同盟と組んでいるのかお分かりになるでしょう。
以前の記事でも言いましたが、てんてんは人数が少ない割にNPCは多数攻略しています。
他の中小同盟と同じぐらいの人数なのにNPC砦の制圧は多い。
つまり、NPCを多く保有したいという同盟に取ってみればこれほど美味しいカモはいないんです。

だから、てんてんにとっては防衛策の手段として強大な同盟と組むのは必然となってくるのです。
強大な同盟と手を組むことで、他同盟から攻められにくい環境を作り、同時にその強大な同盟から攻められることがないという安全も担保されることになります。

当然強大な同盟と組むには自同盟がそれなりに強くないといけません。
たまに他同盟から共闘関係を持ちかけられることがありますが、そういうのは基本的に断っています。
理由としてはてんてんにとって全くメリットがないからです。

それなりに強い同盟なら考慮の余地はありますが、大したことない同盟だったら組んでも旨みがありません。
てんてんは強い同盟でいたからこそ袁公の共闘としていられる。
袁公にとってみれば戦争時で必要なときにてんてんの力を借りられる、てんてんにとってみれば他同盟から攻められにくくする。
お互いにwin-win関係を構築できている。
それが共闘関係を結ぶうえにおいては一番大事なことです。

以上が私の考えです。


話がそれますが、今の21鯖をみると上位同盟の均衡が保たれてきているというのが感じられました。
今期は大雑把に見れば北西:袁公、南東:OTI、北東:てんてんという勢力図でしたが、南西で台頭してくる同盟がでていたら、少し面白味のある鯖になったかもしれません。

3・4期は剛田鯖と言われるほど剛田独占の状態でしたから。
しかし空白氏引退によって剛田1強が崩れ、5期はてんてん・袁公・ZEROの3強、6期はてんてん・袁公・OTIの3強というように力が均衡化しました。

来期は17鯖と合併すると思うので、より均衡化することになると思います。
そういった意味では来期まではまだまだ楽しめそうなのでそれまではブラ三を続けていこうと思います。

とかなりの長い記事となってしまいました。
それではまた別の記事でお会いしましょうノシ


ブラウザ三国志・攻略ブログ
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【OTIとの戦争について】

27日午前0時に袁公がOTIに宣戦布告。てんてんも袁公の共闘として参戦。OTIとの戦いはこれまで戦ってきた同盟とは比べ物にならない熾烈な戦いになるだろうと、泥沼も覚悟の上臨んだもの...

コメント

非公開コメント

No title

.>剛田の初代盟主であったジャイアン氏と天賦の盟主であったあちゃん氏が非常に仲がよく、3期の♥連合対百花繚乱でもジャイアン氏が天賦に交渉して♥連合として戦ったという経緯があります。

少し違います。
空白氏に何度にも渡ってお願いをされたため、です。
ジャイアン氏はすでに3期では半ば隠居状態でしたからね。まぁ大した違いではないですが。


>しかし、空白氏が4期で引退したことになり剛田は事実上の解散という形で終焉を迎えました。
このことにより天賦はこれまでの通りにはいかなくなってしまいました。
天賦は剛田という後ろ盾がいなくなった段階で、攻められた時の防衛策を考えないといけませんでした。
ところが、それをせずこれまでと同じように安心しきって、城を包囲していたのですから危機意識が欠如していたと言わざるを得ません。
城は戦争が起きやすい要因のひとつであるから、城を取るつもりならちゃんと身の回りを固めないといけないということです。


これは完全に違います。危機感が欠如していたわけでも、戦争を全く想定していなかったわけでもございません。
同じことの繰り返しに飽きたので、(攻められて負けてもいいから)敢えて少し違うストーリー作ったという感じだと思います。

全プレイヤー、全同盟のゲームの目的が皆同じとは限りませんからね。

Re: No title

>通りすがりさん

コメントありがとう御座います。


> .>剛田の初代盟主であったジャイアン氏と天賦の盟主であったあちゃん氏が非常に仲がよく、3期の♥連合対百花繚乱でもジャイアン氏が天賦に交渉して♥連合として戦ったという経緯があります。
>
> 少し違います。
> 空白氏に何度にも渡ってお願いをされたため、です。
> ジャイアン氏はすでに3期では半ば隠居状態でしたからね。まぁ大した違いではないですが。

そうでしたか、それは失礼しました。
4期の対Noah・ブラコス戦でジャイアン氏(4期てんてん所属)が天賦に参戦の打診を持ちかけていたことがあったので(結局実現はしませんでしたが)、3期でも同じように交渉したのかなと思っておりました。


>
>
> >しかし、空白氏が4期で引退したことになり剛田は事実上の解散という形で終焉を迎えました。
> このことにより天賦はこれまでの通りにはいかなくなってしまいました。
> 天賦は剛田という後ろ盾がいなくなった段階で、攻められた時の防衛策を考えないといけませんでした。
> ところが、それをせずこれまでと同じように安心しきって、城を包囲していたのですから危機意識が欠如していたと言わざるを得ません。
> 城は戦争が起きやすい要因のひとつであるから、城を取るつもりならちゃんと身の回りを固めないといけないということです。
>
>
> これは完全に違います。危機感が欠如していたわけでも、戦争を全く想定していなかったわけでもございません。
> 同じことの繰り返しに飽きたので、(攻められて負けてもいいから)敢えて少し違うストーリー作ったという感じだと思います。
>
> 全プレイヤー、全同盟のゲームの目的が皆同じとは限りませんからね。


危機感は欠如していなかったわけですね、了解です。
一応、私がここで言っているのは攻められた天賦側に問題がなかったかということです。

攻めれられるリスクを承知の上で同盟活動をしていたのであれば、攻められる要因を自ら作っていたことになります。

であるなら、袁公-天賦戦は起こるべくして起こったとも言えます。

No title

>一応、私がここで言っているのは攻められた天賦側に問題がなかったかということです。

内部主観的にはなんの問題もなかったのですが。
いつしか世論がそういう風に話しを持っていってしまいましたね。

>攻めれられるリスクを承知の上で同盟活動をしていたのであれば、攻められる要因を自ら作っていたことになります。
>であるなら、袁公-天賦戦は起こるべくして起こったとも言えます。

おっしゃる通りです。そのほうが同じゲームの繰り返しにならずに済みますからね。
プロフィール

オクト

Author:オクト
ブラウザ三国志mixi17-24鯖でプレイしているオクトです。それなりに課金して楽しんでます。

ちなみにブログタイトルは三国志前世占いの結果に由来しています。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。